バンカーショットはスコアアップの分岐点(性格を変えるな!)

例えば、スコア100〜90レベルの人だと

「ドライバーがめちゃくちゃ得意」という人はあまり多くないですが、

 

 

まれにドライバーだけ練習していて、それだけは自信があるという人がいるけど、

そういう人は大抵ショートゲームを軽視する傾向にあります。

なぜなら、ショートゲームを重要視する飛ばし屋はスコア100〜90レベルではないので。)

 

 

 

 

バンカーショットに関しては、

出ないと思い込んでいる人だと

「バンカーに入った瞬間からもうダメ・・・辛(つら)たん・・・」

 

一度ミスってさらにパニック、

自分の靴跡に入ってパニック、

思いっ切り打って、より目玉にめり込む

土手に突き刺さる、

アンプレヤブルにすれば良かったのにという発想を

同伴競技者の一言で後から気がつく

 

バンカーの中でOB以上にボールを打つことはざらにある・・・

 

苦手だけからバンカーを避けてグリーンを狙う、

 

避けているのにいつも入る

 

 

ということが、もしかするとあるかもしれません。

 

 

ただ、そう思う方にこそ、

この記事を読んで頂きたいのです^ ^

 

バンカーショットは体力や筋力とあまり関係ないショットなので

ドライバーで遠くに打つことに比べると、

年齢、性別に関係なく誰でも練習すれば上手くなる可能性があります。

バンカーショット恐怖症??

 

 

バンカーショットはスコアアップの分岐点だと思うのですが、

同じレベル(先ほど例にあげたスコア100〜90レベル)

 

でも苦手にする人と、

特に気にしていない人が分かれる技術テーマのように感じます。

 

(バンカーが苦手な人はなんとなく自分自身のことを弱気な性格だと自覚していたり、

あるいは自分で自分のことを決めつけている気がします)

 

 

私は性格に強気も弱気も本当は別にないと思っていて、

日常生活の中で「普段、普通にできることは、弱気にならないと思います」

 

 

なんでもかんでも自信がないということは基本ないはずなので、

弱気とは「性格」ではなく「出来事」に紐づけられています。

 

バンカーショットが「苦手」なような気がするなら

それはただの気のせいであり、

 

 

性格を変えようとクリニックに通うより

バンカー練習場に行った方が、

「100倍」健康になれます。

 

 

 

 

とはいえ、理論がわからないと気合だけでは行動できないという

スマートゴルファーを目指すあなたへ

 

バンカーショットはアウトサイドインに打て、

砂を強くたたけ!

と一緒にラウンドする人に言われたりすると思いますが、

 

それができないという方に向けて、

 

 

まずは下記の動画でバンカーショットの理論をまとめたので

参考に練習してほしいです。

(アウトサイドインとか強く打つとかほとんど関係ないので)


※打ち込めないよりも、バンカーショットが苦手な人の傾向として

フォロースルーが自分の想像以上に

「緩み、小さくなりがち」なのでそこをビデオ撮影するなどして

練習し続けると良いでしょう。

 

 

ちょっと耳の痛い話かも知れないのですが、

それはバンカーショットの問題ではない!

 

私、たまにいうのですが、

 

バンカーショットでホームラン(大オーバー)しても

死なないから!練習でミスしまくりましょう。

(だからビビらず最後まで大きく振って)

 

バンカーショットが苦手なのに、それを放置したまま

スコアだけあげたいという強欲・・・

そこに自分でも気がついているなら

 

 

苦しいかも知れないけれど、苦手なことだと感じることを

工夫して取り組む中で、上達することは

 

 

「自分自身をよりうまく上手くとり扱えるようになることだ!」

 

と考えて「バンカー練習すると良いです^ ^」

 

最初は苦手だと考えていたことが「できるようになる」と

人生のコントロール感は大きくなっていきます。

(やればできるというメンタルが自分のスタンダードになる

→だから周りからは自信がある人に結果的に見える)

 

 

 

あとはデータ的な話をすると

プロゴルファーのサンドセーブ率

(バンカーに入ったあとパー以下でホールアウトする確率)だって

100%じゃないのだから、

 

 

「まず出す」

「ホームランだろうが出す」

変に寄せようとか、高く上げようとか

欲張っていないか自問自答する。

 

 

10000球、砂場に行って「ミスするつもりで」籠るべし。

そうすると、もうミスる気がしないという感じになると思うので。

(ここだけレッスンを受けにいっても大幅にレベルアップするはずですよ)

 

性格を変えるな、日常生活を変えろ

 

 

私も元々バンカーショットはあまりうまくなくて、

1ヶ月くらい練習場でサンドウェッジを持って、

バンカーショットだけ練習したことがあります。

 

たった1ヶ月くらいですが、大きく気持ちが変わりました。

 

最初は「ホームラン」や「大ダフリ(砂の狙っている場所よりもさらに手前に落ちる)」

ことを繰り返してばかりでしたが、

 

やはり1ヶ月バンカーだけやると決めきったのが良くて

 

そのあと、コースラウンドするようになって、

 

「前よりもバンカーが怖くないので、結果的に気持ちの上で

のびのびとグリーンを狙えるようになった」

のを覚えています。

 

 

この記事を読んで、上記の動画を見た方は

まずはバンカー練習場のある練習場に行くと良いと思います。

 

 

 

弱気な性格を変えるのは難しいかも知れませんが、

ゴルフプレー中の考え方は変えることができますし、

その考え方次第でゴルフは上達できるので、

まずはフルポテゴルフの無料メルマガ電子書籍「己を知れ」

も読んでみてください。

 

 

お砂場遊びは楽しいので、

肩の力を抜いて気楽にいきましょう^ ^

 

ゴルフはゲームです。

 

人生では苦手なことは人に任せたら良いと思います。

 

ゴルフはゲームなので、苦手なこともレベルアップするから

「より楽しめるのですよ」^ ^ ♫

 

 

 

文:國枝泰幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です