【ゴルフと筋トレ】なぜ、二の腕の重要性に気がついたか?

( ブログ連続更新47日目・・・別サイトでのゴルフのブログはこちらです)

 

 

 

よくゴルフのことで

「手打ちだからダメなんですよね」と聞かれることがあります。

 

そういう時は逆に

 

「手打ちだとなぜダメなんですか?」と聞き返すときがあります。

 

 

別に手打ちだろうが、

「目標に飛ばせるスイングならそれはそれでいい」

 

と思っているからです。

 

 

 

そういう言葉をいうと

 

ちょっとびっくりする人もいるかもしれません。

 

目的のためにゴルフスイング(手段)であって

 

ゴルフスイングそのものを目的にしていると

 

スコアはなかなか減りません。

 

 

 

 

 

 

ただその上で、個人的に

 

今更なのですが、

 

腕を少しずつ太くしていきたいという気持ちが芽生えてきました。

 

あと、握力も少しずつアップさせます。

 

 

 

 

これは、「手打ちでさらに距離を伸ばしたい!」と

 

そういう意味ではございません!

 

 

 

 

 

【理由】

腕を深くして

 

 

 

夏に向けて、体を鍛えて海で泳ぐ・・・

 

というわけでもなく。

 

(夏はゴルフ練習と海で泳ぐが今年のテーマです)

 

 

 

 

ちょっと筋トレしていて気づいたことがあります。

 

 

見たことあるかもしれませんが、

 

 

この姿勢からスタートして、

 

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまであげる動作

(モデルの人が変わっとるやないか〜い、

と思った方ごめんなさい。

フリーの素材写真がないんです)

 

 

 

この動作のことを多分

 

デッドリフトと言います。

 

(バーベルを地面から少し持ち上げる動作・・・

最初の頃は腰を壊しそうで怖かった・・・)

 

 

 

背筋を鍛えて感じたのですが、

上半身(腕を除く背中など)の筋力はまだいけそうなのに、

 

 

握力および腕の力が足りなくて、

 

バーベルが持ち上がらないのが、

もったいない感じなのです。

 

 

 

 

では、そもそもなぜ、

デッドリフトをやろうと思ったかというと

 

 

ハイクリーン

(バーベルを肩の高さまで引き上げる動作)

 

のレベルアップしたいからです。

 

 

ハイクリーンは、

「バーベルを上に瞬間的に引き上げつつ」

 

「体を棒の中に潜り込ませる」

 

という感じの動作になります。

 

(ハイクリーンは筋トレをやったことがない人には

だいぶ難しい動きな気がするので、

私もトップアスリートの方に練習方法を教えてもらいながら

1年以上かけてじっくり取り組んでいます)

 

 

 

爆発的瞬発力アップ

 

 

集中力アップ

 

という効果を狙って行っています。

 

 

 

ゴルフのスイングはそもそも

そんなに腕の力や握力は必要ありません。

 

 

しかし、全英オープンなみの

ラフからもし仮にボールを打った時に

怪我をしないためであったり、

 

ボールコントロール力を高めるために、

 

また、トレーニングの強度そのものを高めていくために

 

上腕三頭筋も少しずつ鍛える必要性を感じました。

 

 

 

 

ゴルフスイングの飛距離と

安定性アップのために

新しいトレーニングが必要

(今までのスイング練習に脳が飽きているので、

新しい刺激を脳に入れたい)

ハイクリーン

ハイクリーンをやるための

デッドリフトおよびスクワット

上腕三頭筋と握力アップ

【⭐️今ここ!】

デッドリフトおよびスクワットのさらなる負荷アップ

ハイクリーンが楽々できる

気がついたら今までよりも

さらに軽く振っても

ボールが飛んでいる

 

 

 

という状態をイメージしています。

 

まだ、仮説構築の段階なので、

 

この辺りは、数年後が楽しみですね^ ^

 

 

 

 

2年半くらい前の動画です。

この頃は全くトレーニングに興味なしです(笑)

 

【200ヤード前後の飛距離でハーフ30台は出せるか?】

↓↓↓

詳しくは

フルポテゴルフ公式ホームページへどうぞ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です