ゴルフのベストスコアを月例で更新する人

  • 今日はゴルフでハンディを減らしたいと考えている人に対して、

 

(➡︎私の簡単なプロフィールはこちらからどうぞ)

 

私自身の体験と

私自身と関わる中で【目標に到達する期間が短い】人についてお話しします。

 

あと、前もって断っておきますが、

早く目標にたどり着くのが一概に良いとも言えません。

 

今日の話は実行すると達成することができる当たり前の話です。

 

ですから、最初に決めた目標に到達した後に、

満足してそこで成長が止まるか?

あるいはさらに高みを目指すのか?

 

最初の目標を達成した後のことも

意識しながら今日のお話を聞いてください。

 

 

⭐️結論

目標に到達する期間が短い人は、

↓↓↓

何を持って自分の目標達成の状態かを

自分自身が定義していて

【期限】を明確に区切っている

↑↑↑

こういう感覚をお持ちの方です。

 

 

⭐️具体例

例を挙げるとわかりやすいと思うので、

一般的に良い目標のように見えるのは、

・いつか100を切る

です。

これは実はかなり曖昧な目標です。

 

これを先ほどのテンプレートに従って書き換えるなら、

2020年の6月までの

残り5回の〇〇カントリークラブの

Cクラス月例会において、

98以下のスコアでラウンドする。

そのために私は練習では、

〇〇のクラブを、××という目的で

習得するために、週に??回練習場にいき、コースをイメージしながら練習します!

2月と3月の月例では、ダボを目指すホールとボギーを目指すホールを明確に区分けし、

絶対にハマってはいけない落とし穴を見つけます。

そして、勝負は4月、5月、6月の3回です。

 

 

というような感じです。

〇〇とか××に何を入れたら良いかのヒントは、私はオンライン講座内で話しています。

 

 

⭐️まとめ

ポイントは「目標達成状態」と「今日の練習」に意味のあるつながりを

自分自身が感じられているかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です